結婚指輪の相場

手をつなぐ二人

男性にとって給料の3か月分は非常に高い買い物です。ですが、近年の実際の婚約指輪の購入の平均相場は、調査によると37.4万円ということが判明しています。なので、給料の1ヶ月ちょっとの値段といえます。婚約指輪は、上記のように平均的な相場というものがあります。ですが、誰もが平均価格で指輪を購入する必要は全くありません。購入する際に一番大切なことは、自分たちの希望の予算に合わせて選ぶことです。二人の気持ちが一番優先されるので、一生の記念に残る婚約指輪を真剣に選ぶことが大切といえます。

婚約指輪というと、どうしてもティファニーなどの海外のブランドを選びがちです。ですが、現在では日本にも注目されている婚約指輪のブランドあります。その中の代表的なブランドとして、「俄 niwaka」があります。このブランドの特徴は、京都の和の心をコンセプトにしたデザインが特徴です。熟練の職人が丹念に仕上げていくので、婚約指輪の爪留、彫留など細かな造形が非常に美しいです。その他の人気のブランドとして、「杢目金屋」があります。こちらのブランドは、木目の柄が入った指輪が特徴的です。そもそも木目金とは、金属の色の違いを利用して木目状を創り出す金属加工術です。この技法は、江戸時代に生まれたといわれています。二度と同じ柄の指輪は作れないので、世界に1つだけの婚約指輪が作れます。